実績多数のこころ整骨院グループ・交通事故治療認定院

メールでの
お問い合わせ

 
tel: 0942-77-6966

電話での
お問い合わせ

 

ジャンパーズニーについて

about-ttl-2

運動によるジャンパーズニーは

こころ接骨院で根本治療

「ジャンパーズニー」という障害は、スポーツをしている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。名前の通り、ジャンプ動作を繰り返しおこなうことによって起きる膝の痛みです。ジャンプ動作だけではなく、キックやダッシュ・ストップの繰り返しなど、膝に負担がかかるような動作をすると起こります。特に、バスケットボールやバレーボール、サッカー、陸上や体操選手に多くみられる障害であり、運動をし始めると痛みが出るという特徴が御座います。

病院でジャンパーズニーという診断を受けますと、痛み止めを飲んだり湿布を貼ったりして安静にしているようにというだけで終わってしまうこともあり、なかなか練習に復帰できずに不安になってしまう方も多いことでしょう。こころ整骨院では、このジャンパーズニーの痛みをしっかりと根本から取り除くことが出来る治療をおこなっております。

膝に負担がかかっているというのは、膝に問題があるわけではなく、全身のバランスが悪いために身体を上手に使えていないということが言えます。ですので、こころ整骨院では、骨盤や背骨など全身のゆがみをチェックして正常な状態へと整えていき、膝にかかっている負担を減らしていきます。

ジャンパーズニーとは

膝蓋腱炎は「靭帯炎」、「ジャンパーズニー」、「ジャンパー膝」などとも呼ばれ、膝の使いすぎによって起きるスポーツ障害の一つで、ジャンパー膝とはジャンプ動作などの繰り返しによる下肢の使いすぎで起こるスポーツ障害のです。膝蓋腱は膝蓋骨の下端に付着しているため、膝蓋骨のすぐ下あたりに痛みと腫れが見られ、膝蓋腱炎、膝蓋靭帯炎および大腿四頭筋腱付着部炎と診断されることもあります。酷くなると負担が骨にも伝わり、膝蓋骨の下端がはがれる「剥離骨折」が同時に起こることもあります。

ジャンパーズニーの特徴

ジャンパー膝は、ジャンプ動作を多用する競技において多く発生し、最初は膝蓋骨の下に違和感や痛みを感じ、徐々に悪化すると走ったりジャンプした際に痛みを感じるようになります。この頃は運動中や運動後しか痛みは見られません。症状が慢性化・重症化してくると、膝が腫れてきて、ちょっと歩いたり、さわっただけでも痛みを感じ、何もしない安静時でもズキズキとした痛みが生じるようになります。

膝を伸ばすときは大腿四頭筋が収縮して下腿の脛骨を引っ張る動作で行うので、ジャンプのような膝を伸ばす動作を行うと膝蓋靭帯に張力が加わり負担がかかります。また、着地においては膝が曲がろうとする勢いに対してブレーキをかけるため、着地の際も膝蓋靭帯に張力が加わります。バレーボール・バスケットボール・陸上競技などのジャンプをする跳躍競技や、サッカーのようなボールを蹴るようなキック動作、ダッシュを頻繁に行うスポーツで、膝蓋骨と膝蓋靭帯の付着部分に炎症が発生し、運動時に痛みを感じるようになります。

発症する人の数も多いスポーツ障害です。10~20歳くらいの年齢によく見られ、成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉の緊張で、腱も伸ばされた状態になり、膝の柔軟性が落ちるため衝撃の吸収力が低下するためです。骨の成長が一段落する中学以降の運動をする男子や、背の高い人などに多く見られます。練習やトレーニングでランニングを多く行う競技での発症が多く、ジャンプやランニングはスポーツの基本的な動きなので、多くのスポーツで起こります。

ジャンパーズニーの治療法

・患部の炎症を抑えるためのアイシング
・安静にして痛みが治まるのを待つ
・テーピングやサポーターで患部を固定
・シップや痛み止めなどの炎症や痛みを抑える薬物療法
・膝関節のストレッチング、筋力トレーニング

当院の施術は
・痛みの出る動作や、体の状態を確認
・痛みの原因の説明
・原因へ対しての根本治療
・動作・体の状態の説明
・自宅ケア方法の指導

こんな子供さんはジャンパーズニーを疑いましょう!
・スポーツをしていて膝が痛い!
・ジャンプの着地した際、ダッシュ時のストップした際に痛みが出る!
・普段は気にならないが、運動時・運動後に膝の下が痛む!
・安静に1週間以上しているが、一向に改善・変化しない!
子供さんのこういう症状に心当たりがある場合は、膝の専門治療院の九州スポーツ障害研究所併設のこころ整骨院へご相談ください。早期発見、早期治療が早期治癒につながります!!

ご予約はこちら